« 行ってきましたIOFT その3 | トップページ | 行ってきましたIOFT その5 »

2006.10.16

行ってきましたIOFT その4

もう4回目です。

でも写真が残っているのはほぼ今日まで

残りは流します(汗

今日はREALバウハウスの話。

                                                                 

IOFTの会場を歩いているとムンムンと時空の歪んでいる

ブースがある・・・見てみるとそこには井上さんの姿。

う~ん、納得w

早速その異空間に飛び込むと、アライさんや置田さんの

見慣れた面々がいらっしゃいました。

今回の新作は2型。

                                                                

Img_6052

                                                                                                                                     

チタンをくりぬいちゃったような強烈なインパクトの

R0703シリーズ。スンゴイ重そうでしょ!ところが

そんなに重くないんです。

デザインの緩急で無駄を省いているからなんでしょう。

フレームだけでも6万円を超えるものですが、

実物を見れば決して高くはないと思えます。

                                                                

Img_6054

                                                                                                                                     

もう一点がこちら、R0701シリーズ。

これは置田さんがデザインしたタイプ。

置田さんのデザインてまともに見たのは

初めてのような気がしますが、

これはハッキリ言って好きなデザインです。

ミニマルな中にも存在感のある佇まい。

フロントサイドの下部にあるカットが最高です。

小技テンコ盛りでデザインにニオイがあります。

                                                                  

リアルは良くも悪くも漢のイメージが強いブランドで

今回の新作もそんな感じですが、そんな中でも

三国志で例えるなら

R0703は関羽R0701は周瑜って感じです。

良くわかんないですよね・・・(汗

                                                                  

話は変わって初日最後のバウハウス。

ソリッドブルーハスキーノイズですね!

ホテルの別会場で行われたんですが、

夜にも関わらず、着いたときには人がイッパイ!

                                                                 

Image009_1

                                                                                                                                     

                                                                  

バウハウスって人気あるんだな~と

改めて感心してしまいました。

ソリッドブルーの新作のイメージは“WORKER”

今回のコレクションは無骨で男クサイイメージ。

メタルフロントのコンビネーション6カーブ使用や

ウエリントンのセルフレームなど今までにない

試みのものが多く出ていました。

それでも根本的に無駄のないデザインは踏襲

している感があるのでソリッドらしさは十分あります。

個人的にはウエリントンのセルロイドと

クラシックなブロータイプがお気に入りです♪

                                                                                                                                      

ハスキーノイズのテーマは“CHIYOGAMI”

フロントがプラスチックのコンビネーションフレームは

メタルのテンプルサイドに施された模様が

まさにそんな感じ。

プラスチックフレームに

マツケリ社(イタリアの高級生地メーカー)の

色味の強い生地を使っていてに衝撃的でした。

まるでヨーロッパブランドのような思い切った配色。

それでもハスキーノイズも決して華美なデザインではなく

劇的な変化というよりは、安心して使える心地よさが

金子さん(デザイナー)らしい印象を受けました。

                                                                  

明日からの報告にはほとんど写真がありません・・・(滝汗

明日ぐらいで展示会報告も終われたらいいな~と思ってます!

--------------------------------------------

展示会の後はデザインのことなど

また色々考えながら書いているので

いつものブログ更新より疲労度UP♪

なので、今日は普通にポチリお願いします!

抜かれちゃいました(泣→ポチリ

|

« 行ってきましたIOFT その3 | トップページ | 行ってきましたIOFT その5 »

催しごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150383/12308582

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきましたIOFT その4:

« 行ってきましたIOFT その3 | トップページ | 行ってきましたIOFT その5 »