« パリ・シルモ展での話・3 | トップページ | パリ・シルモ展での話・5 »

2006.11.05

パリ・シルモ展での話・4

まだまだ続きます、シルモレポート。

こんばんは、ポンメガネです。

                                                                   

本日は全体の流れと今後のトレンドについて

考えてみよう!という切り口。

これはあくまで個人的な感想になりますのであしからず。

                                                                   

全体のサングラスを見ていて思ったこと。

とにかくビックシェイプです。

小さいものは皆無に等しいくらい。

ボリュームのあるプラスティック系は

60~70’sを意識したぼってりしたイメージ。

                                                                 

Img_6356Img_6349 

                                                                                                                                     

メタル系は引き続きティアドロップ系シェイプ。

それ以外もティアドロップから派生した変形が

多く見られたような感じでした。

                                                                 

Img_6355Img_6352 

                                                                                                                                     

サングラスはとにかく大きめがおもしろいですね♪

来年以降もこの流れは続くんじゃないかな~と思います。

                                                                  

フレームは流派が色々分かれるところなので、

一概には言いにくいところがありますが、

個人的に気になるのはやっぱりプラスティックの

レトロフューチャー系。

ぼってりしたフロントにシンプルで存在感のあるサイド

色味は落ち着いたイメージのブラック・ハバナ(茶)・グレー

など古いイメージが今見ると新しいというようなコレクション。

                                                                 

Img_6379

                                                                                                                                     

ドメスティックで言えば、スペックエスパスの新作や

別ラインのHフュージョンがまさにそんな感じでした。

                                                                  

シルモ展で賞をとっているものを見ていて思う。

もうひと流派は、比較的シンプルなフロントに

ゴージャスで個性的なサイドをデコラティブに見せるタイプ。

                                                                

Img_6378

                                                                                                                                     

カムロさんのフレームがヨーロッパで非常に高い評価を

受ける理由がかいま見えますよね。

                                                                   

メタル系は圧倒的にシートメタル。

ポンメガネでも取扱い中のic!berlinのような

ステンレス素材を使ったタイプがとても多く感じました。

そこから派生してデザインを盛り込んだり、

エッジングを駆使してゴージャスなイメージにしたり

機能を盛り込み工夫してみたりと

ここでも色々な形に変化が始まっています。

それでも個人的に思うのはパイオニアは強し!

ILOVEアイシー!ベルリンな私の偏った見方かも

知れませんね(笑

                                                                 

Img_6314

                                                                                                                                     

アイシー!ベルリンのブースで見せてもらった、

サッカーで話題をかっさらった某事件のひとコマを

サングラスにしてしまったという作品(笑

さすがにシャレで作ったらしくオーダーは出来ませんでしたw

                                                                  

もう一つ気になるのは異素材系のフレーム。

異素材と言っても天然素材なものです。

バッファローホーン・ウッド・羽根などなどの

ラグジュアリーなコレクション。

特にバッファローホーンは昨年から引き続き

どのブランドでも注目しているようですね。

                                                                

Img_6363

                                                                                                                                      

これは、羽を挟み込んであるタイプ。

生地に挟もうと思えば、何でもいけそうな雰囲気。

                                                                  

と、個人的な今後のトレンドのお話でした♪

明日もレポートは続く予定でございます。。。

------------------------------------------

ランキングも徐々に回復基調です♪

こんな感じでゆるゆると

また一位になれたらうれしいですね♪

今日もよろしくお願いします→ポチリ

|

« パリ・シルモ展での話・3 | トップページ | パリ・シルモ展での話・5 »

催しごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150383/12567386

この記事へのトラックバック一覧です: パリ・シルモ展での話・4:

« パリ・シルモ展での話・3 | トップページ | パリ・シルモ展での話・5 »