« 妖艶な紫はまるで魔力を秘めるよう。 | トップページ | アウターモーストのスゴイ合わせ技。 »

2008.04.04

未知なる材質”木”

もうすぐ展示会が開催され、久しぶりに心の師匠に

お会いできるのが今から楽しみです♪

こんばんはポンメガネです。

                                                                  

眼鏡の材質と言えば、メタルやプラスチックが主流で

ございますが、ここ最近バッファローホーンなどの

天然素材が注目されてきているのも確かな昨今。

今日は、オールウッドのフレームを拝見させて頂きました。

                                                                

Img_2003

                                                                                                                                      

デザインうんぬんは置いといて、“木”という材質に

今まであまり触れてこなかったので、伺った話は

とにかく新鮮でございました。

それぞれに質感、重量、特性、香りなど一概に

“木”とはいってもこれだけ種類があるのか!とビックリ。

個人的には世界で最も重い木材“リグナムバイタ”が

お気に入り。

確かに重いんですけど、アンティーク家具のような質感と

ナチュラルな香りがタマランです。ハイ。

とりあえず、店頭には並びませんが別注オーダーも

受け付けてくれるとのこと。

自分だけのオリジナルウッドフレームを作ってみるのも

楽しいかもしれません♪

サンプルとして一本ございますので、気になる方は

店頭でお声がけください。

|

« 妖艶な紫はまるで魔力を秘めるよう。 | トップページ | アウターモーストのスゴイ合わせ技。 »

ポンが考えること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150383/40764447

この記事へのトラックバック一覧です: 未知なる材質”木”:

« 妖艶な紫はまるで魔力を秘めるよう。 | トップページ | アウターモーストのスゴイ合わせ技。 »