« SHURONの定番 RONSIRにニュアンスを添えて | トップページ | BOSTON CLUB 2015最新作の展示会へ »

2015.03.09

JAPONISM の シートメタル

明日はまた新しいメガネを見つけに行ってきます!

こんばんは、ポンメガネ大宮の神田です。

JAPONISM  SENCE / JS-106

日本のメガネらしい機能的なデザインと精密さ。

JAPONISM がこれまで手掛けてきたメガネの装用感や

ディテールを保ったまま、同ブランドにはこれまでには無かった

スタイルを手掛ける SENCEシリーズ。


JS-106 は、チタンのシートメタルを使ったサーモントブロー。

独自のオリジナルパーツや掛け心地の良い板バネ丁番など

JAPONISM のこだわりの作り、仕上がりが味わえます。

そして、メタルの質感と機能的な面が見え隠れするスタイルは

ベースとなったクラシカルなデザインとは反対に

スタイリッシュさがあり、軽やかさのある装用感を実現しています。


BLACK × ANTIQUE SILVER

150309omiya02

150309omiya03

150309omiya04

最もスタンダードに使いやすい配色。

裏面やフロントからテンプルを繋ぐパーツがシルバーとなりパーツごとの

ディテールも際立ちます。

詳しくは>>JAPONISM(ジャポニスム) JS-106 COL.01


BLACK × ANTIQUE GOLD

150309omiya05

150309omiya06

150309omiya07

シルバーカラーと似たように見えてけっこう違う色使い。

クラシカルな雰囲気も漂わせるアンティークゴールド と 細部のパーツも

ブラックやゴールドになっていたりします。

フロント内側はシルバーのものと違って裏面にもブラックの色付けがされています。

またバネ性のあるテンプルの板バネ機構やツルの中に入っていくメタルの芯金なども

こちらの配色では、ゴールドで統一されています。

詳しくは>>JAPONISM(ジャポニスム) JS-106 COL.02


150309omiya01

些細な点にもこだわりの配色や作りが見えるJAPONISM 。

何処かで聞いたことのあるような“お値段以上”の満足感が

味わえる良いメガネとなっています。

気になった方は是非お試しになってみて下さい。


それでは、今日はこの辺で。


特設ページ→ポンメガネ in ルーヴル美術館展@国立新美術館

------------------------------

○ポンメガネ大宮店

埼玉県さいたま市大宮区大門町3丁目195番地 美幸ビル1F

℡ 048-782-7128

Close:水曜日

取扱いブランド 

--------------------------------

○ポンメガネ浦和店

埼玉県さいたま市浦和区高砂3-6-9信陽堂ビル1F

℡ 048-762-3919

Close:木曜日

取扱いブランド

|

« SHURONの定番 RONSIRにニュアンスを添えて | トップページ | BOSTON CLUB 2015最新作の展示会へ »

japonism ジャポニスム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150383/61256196

この記事へのトラックバック一覧です: JAPONISM の シートメタル :

« SHURONの定番 RONSIRにニュアンスを添えて | トップページ | BOSTON CLUB 2015最新作の展示会へ »